自転車百景

癒しを求めて、走る・観るを綴った備忘録

三浦半島

神奈川の海と山を愛する旅情派サイクリストの備忘録
行く道を急ぐこともなければ、競うこともない 疲れたら休むし、美しい景色、美味しいご飯はマスト
ロード&フリーレンジで走快!爽快! 自然・風景・街並み・文化・歴史・食を五感で楽しんだり、
湘南を中心に丹沢、箱根、三浦半島などを回遊したり、時には輪行やツーリングしたりと・・・
のんびり&マイペースで癒しの風景を巡っています

今年最後の半袖ジャージ&レーパンかな?

今日は台風一過の秋晴れの日だったけど、先週はジャパンカップで、先々週が伊豆大島だっので、どうも今週末は燃え尽き症候群的なところがあって、どこかへ走りにいくといったモチベーションが低い・・・
と言っても、いい陽気でもったいないので、昼過ぎから三崎への往復練へと行ってみることに。
新規
往路は、披露山で小休止しただけの三崎までのノンストップライド、復路は、荒崎で小休止といった走り。
波浪注意報が出ていたものの、披露山から見渡す海は穏やかで気持ちよかった!
今朝はグッと冷えたけど、昼間は日差しの温もりが感じられてポカポカ陽気!
半袖ジャージ&レーパンの格好でも汗ばむぐらい。
いゃー、今日は耐久的な走りをしたので、やや脚が堪えてるなぁ・・・ (>Д<;) 

松輪サバ、いつ食べるか?今でしょ!

三浦・松輪で水揚げされるブランドサバ「松輪サバ」、昨年は水揚げが低水準だったことに加えて、グルメ番組等で取り上げられてしまって長蛇の列が出来る状態で、なかなか口にて出来なかったよなぁー
今年は、是非食べてやるぞっ!と意気込んで、三浦イチを兼ねてグルメポタへレッツラゴー!
IMG_1897
東京湾のサバ漁は8月の盆過ぎから11月頃までが最盛期。脂が乗って最も味がよくなる時期です。
旬の真っただ中の10月は、特に脂が乗って柔らかな身で、チョー美味いーwww
年に一度の旬の味を楽しもうではないか!続きを読む

ぐるっとツール・ド・三浦半島

午前中に所要を済まして、昼前から出発!
さてさて、どこへ走りに行こうか・・・?、久しぶりの海岸線を走ってみようかと・・・、そう!いるか丘陵の南端へ
いるか?聞いたことがない丘陵だって? いるか丘陵の南端は簡単に言えば三浦半島だね。
そんな三浦半島へ自然の宝庫をめぐるエコツーリング&三浦イチに行ってきました!
剣崎灯台
明治4年に設置された剱埼灯台。東京湾への入口を示す大切な海の道標ですね。
ここから東京湾と対岸の房総半島を一望できます!
今日はあまり休憩することなく、走ることに集中したので、写真が少ないので、あしからず・・・(^^;; 続きを読む

3月でもう半袖ジャージにレーパン!

今日の太平洋側では広範囲で20℃以上、まだ3月だというのに最高気温25℃以上の「夏日」が続出したり。
記録的なこの暑さ、桜の満開も早くさらに押し進めそうですね。
今日は昼前後に時間が空いたので、美味しい海鮮ランチを食べがてら三崎往復の平坦走・・・
こんな陽気なので、当然ながら半袖ジャージにレーパン!
新規
(モバイルでご覧の方はクリックでスライドになります)
こうやって海沿いを走ったり、海をボーと眺めたり、いくつになっても海はいいねー。 
寄せては返す波、光り輝く海面を見ているだけで、ストレスから開放されます・・・。
今日は春の海ならぬ、夏の海って感じだったなぁー。
湘南のシーズン到来!とはまだ早いかもしれないけど、今日はそんな感じがするくらいの陽気! 
半袖ジャージ本番はまだ先だろうけど、今日は海の季節を実感させてくれましたー。

三浦七福神巡り

本当はベルマーレの走り初め三浦イチに行きたかったけど、あいにく午前中に所用があってDNS・・・
バラ完のNewバイクも組みあがったので、昼過ぎからの出発で、シェイクダウン&御祓いを兼ねて、3年ぶりに三浦七福神を巡ってみました! 
一年の開運と諸願成就を祈願する「七福神巡り」、ここ例年、新年を迎えると巡っているので、今年も七福神を結願しておかないとなんとも気持ち悪いんだよねー
真名瀬
仏法の経典である「仁王経」に、「七難即滅、七福即生」という言葉があります。
これは世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、七つの福(寿命、有福、人望、清簾、威光、愛敬、大量)が生まれるということです。
この七つの福こそが、七福神の信仰へとつながっているのですー
続きを読む

三浦イチ歴史遺産巡り

冷たい風が吹く寒空の中、久しぶりに三浦イチへ行ってきました!
三浦半島ってこの時期、海岸線は寂しい限り・・・、
ただ単に周るのもどうかなー?と思って、歴史遺産を巡ってみることに。。。。
走水水源貯水池
三浦半島には数多くの歴史スポットが残されているって知ってました?
中世の頃に三浦半島を支配した「三浦一族」の城跡や寺社仏閣、ペリー艦隊の来航、幕末の志士達の足跡が残る開国の港町「浦賀」、そして、旧日本軍の軍港として栄えた港町に残る軍事施設など歴史遺産の宝庫なのです・・。続きを読む
プロフィール
   nickname: sum (サム)
   年式:196年型非力エンジン
   生息地:神奈川県・湘南

スライド
最新コメント
ブログ記事検索
Twitter
メッセージ

個別のメッセージはこちらへどうぞ 管理者のみの閲覧です。

名前
本文