自転車百景

癒しを求めて、走る・観るを綴った備忘録

九州・沖縄

神奈川の海と山を愛する旅情派サイクリストの備忘録
行く道を急ぐこともなければ、競うこともない 疲れたら休むし、美しい景色、美味しいご飯はマスト
ロード&フリーレンジで走快!爽快! 自然・風景・街並み・文化・歴史・食を五感で楽しんだり、
湘南を中心に丹沢、箱根、三浦半島などを回遊したり、時には輪行やツーリングしたりと・・・
のんびり&マイペースで癒しの風景を巡っています

どこまでも続く緑の草原の海を走る★阿蘇山ツーリング

本来ならば、涼しい北海道を走りに行きたかったけれど、天気が芳しくないので計画変更。
北国とは全く真逆な、酷暑まっただ中の「火の国くまもと」へ。
緑の草原を見たくて、1泊2日の阿蘇・飛行機輪行ツーリングへと行ってきました!
阿蘇
覚悟はしていたものの、汗ダラダラ、熱中症寸前。 いやいや、あんなに暑いとは・・・
後にも先にも、おそらく人生の中で最高の暑さの中を走ったと思う。
「心頭を滅却すれば火もまた涼し」との諺があるけれど、とんでもない、暑いものは暑い!続きを読む

ラピュタの道★悲惨な姿に胸が痛む

盛夏の最中に、火の国くまもとに来てます! あつかぁー (^^;;

アニメ「天空の城ラピュタ」のワンシーンのような雲海に浮かぶ浮島のような絶景が阿蘇外輪山にある。
阿蘇市道狩尾幹線、通称「ラピュタの道」
多くの方に愛された絶景スポットが、地震で崩れてしまったことに胸が痛みます。続きを読む

美ら島★沖縄ライド 【本島中部】

沖縄には、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」 として、首里城や前日に行った斎場御嶽(せーふぁうたき)などの9つの世界遺産があります。
この日のライドポイントは、そんな世界遺産の一つであるである座喜味城と、エメラルドグリーンの海の上を走る日本で2番目に長い無料の橋、古字利大橋へ行ってみます~!
美ら島★沖縄ライド
グスクとは琉球時代に農村を基盤に成長した豪族たちの城塞です。
こういった遺跡を訪れると、周辺諸国との交流で発展してきた唯一無二の琉球の歴史や文化にひたることができますね。続きを読む

美ら島★沖縄ライド 【本島南部】

那覇空港でバイクを組み立て、家族達に荷物を預け、単独行で絶景に導かれて南部の海岸線へ出発!
人気の絶景ロード! 壮大なパノラマビュー! 沖縄の景色と南風を満喫だぁー
美ら島★沖縄ライド
まずは、お目当てのニライカナイ橋へ。 しかし、生憎の天気・・・、しかも南寄りでなく北風が強い・・・、トホホ
青空と白い雲、コバルトブルーの海、深い緑の空間の中に竜曲線にくねった美しい橋が浮かび上がる姿を期待していたのになぁー続きを読む

美ら島★沖縄ライド 【LCC輪行】

今年の冬は厳しい寒さ続きで、週末ホビーライダーとしては、なんとも走りに行くモチベーションがダウン
加えて、大雪続きで、山間部や峠道は残雪が多くて走リに行くにはリスクもあるしと・・・
いぇーい!思い切って、暖かい沖縄へでも行ってみるか!と急遽プランニングだ! 、、と短絡的に決定~ w
輪行フライト
たまたま、永年勤続でもらった旅行券が余っていたので、ホテル代に使っちゃおっと!
それじゃー、飛行機はどうするか? 
JALやANAは高いし、スカイマークの早割りも終わっていて高いし・・・
ものは試しにと、チケット代が大手の半額以下という格安運賃のLCCで行ってみることにしました!
(搭乗したA320が、ブランドアンバサダーの桐谷美玲ちゃんのサインがドアに書いてある機でした~) 続きを読む

美ら島★沖縄ライドへ行ってきました!

美ら島沖縄へ、LCCを使ってお得に輪行ツーリングを楽しんできました!
暖かい沖縄へ逃避行、そして、真っ青な海と青空の下での快走だぁ~
と期待したものの、生憎の天候でのライドでした・・・
まあ、それはそれで楽しく思い出深い走りが出来たけれどね。
Narita Airport
優しく旅人を迎えてくれる沖縄、そんな美ら沖縄でのライド、沢山の驚きと楽しい発見のある所でした。
記事は追々と・・・ (^^)v

阿蘇ツーリング 《いつかまた天空の旅へ》

霧中のラピュタの道からの続きです・・・
阿蘇ツーリングの旅も最終日となってしまいました。3日目の朝も雨は小雨なものの、外輪山の上の方はガスっています。昨日よりも状況は悪そうな感じ、でも行ってみよう!
阿蘇
岩の面に、「ラピュタの道」とイタズラ書きされた跡が薄っすらと残っていますね。
案の定、この場所から眼下に広がるであろう絶景は見られず。 
ラピュタの道に足跡というか、タイヤ跡を残してきただけに。。。。
でも、それはそれで、いい思い出になったかもね。。。。(?_?)
続きを読む

阿蘇ツーリング 《霧中のラピュタの道》

阿蘇ジオパーク・後半からの続きです・・・ 
長々とスンマセン! 本レポ含めて後2話となりますので・・・(^^;;
阿蘇2日目は朝から土砂降り~  阿蘇山や外輪山の上の方は厚い雲に覆われていて、景色はなんとも望めそうもなさそうです。
この日は、小国町とかやまなみハイウェイ、阿蘇山を一周する150km位を走る予定だったけど生憎のDNS!
しょうがないので、阿蘇神社や水基(みずき)巡り、門前町のうまかもんを巡るポタへと方向転換です!
阿蘇
一の宮・役犬原(やくいんはら)地区では、至る所に自噴する湧泉があり、地元では生活用水や農業用水として利用されています。
この水は、阿蘇山に降った雨が地下深くに浸透し、その間にかかった高い圧力がそのまま地上に出てくるために、かなり高くまで噴き出しています。
写真の自噴水の高さは2mほどにも、凄い水頭圧だよね!続きを読む

阿蘇ツーリング 《阿蘇ジオパーク・後半》

阿蘇ジオパーク・前半からの続きです・・・
阿蘇中岳は火口に見られる「湯だまり」をはじめ、活動中の火口を見ることができる世界的にも珍しい火山、その周辺地域の特殊な火山景観も壮大です!
さあーて!そろそろ、活発な活動を繰り返してきた国内有数の活火山、阿蘇カルデラ内にある中岳を後にしますかね・・・
阿蘇
白い噴煙をあげる火口を背にして下っていくと、溶岩の露出したダイナミックな山肌を望む風景が広がっていい眺め~  どことなく乗鞍畳平辺りの景色と似ていますね。
イャー、雄大な景色に包まれて走るのはなんとも気持ちえェェェェ~続きを読む

阿蘇ツーリング 《阿蘇ジオパーク・前半》

飛行機輪行からの続きです・・・
地層や岩石、地形、火山、断層など、貴重で美しい自然遺産が数多く残る地域を、「ジオパーク」と言います。 そんな、地球や大地の営みを感じながら。阿蘇ジオパークを走り、地球の息吹を感じに行ってみよう~  
阿蘇は、生きているぞぉー! 
草千里
阿蘇を走るのは、なんと三十数年前の学生時代以来!
当時は九州一周の過程の中で、熊本市内から阿蘇を越えて高千穂を経由して宮崎へ抜けたっけ!
いゃー懐かしいなぁー続きを読む
プロフィール
   nickname: sum (サム)
   年式:196年型非力エンジン
   生息地:神奈川県・湘南

スライド
最新コメント
ブログ記事検索
Twitter
メッセージ

個別のメッセージはこちらへどうぞ 管理者のみの閲覧です。

名前
本文