世界最古(1885年)の自転車ブランド、Bianchiのバイクが新たに我が家に仲間入り。
と言っても小生のではなくて、カミさんの通勤車の買い替えです...。 "これで少しはポイントゲットかな?(^^)v"
カラーは、Bianchiと言えば伝統的なチェレステカラー! 
チェレステは、マリゲリータ王妃の瞳の色、職人がミラノの空の色を見て決めた、戦車のペンキを流用、と語られているが本当の理由は社内でも謎とされているとか...。
カラーは青みが強くなる年もあれば緑色の強い年もあったりと、毎年微妙に違った色になっているようです。
ちなみに現在のチェレステは、カラーコードで言うと、Pantone 333と指定されている。
Bianchi
Bianchiを象徴とする鷲と「EDOARDO BIANCHI」のロゴを組み合わせたシンボルマークは、ヘッドマークとして、またパーツ各部にも誇らしげに付けられて、今日までビアンキファンの心をとらえていますよね。
このヘッドマークも、年代別に何種類もあるそうだ。
鷲のデザイン一つにしてもさまざまな形があり、さらにリプロダクトされた物もあったりと、どれがどれやら?
高いママチャリだけど、大切に乗ってもらえれば嬉しいです・・・ (^^;;

 《本日の自転車川柳》 
買えるかよ 言っててなぜか 横にある (薄給リーマン