トンネルの向こうの絶景★嶺方峠」や「絶景!冬景色のビーナスライン」 の記事へのレスポンスが意外と多く、シクロクロスバイクやスパイクタイヤ等のご質問やお尋ねのコメントやメッセージをいただきました。
誠にありがとうございます。
そんなお一人の方から、経験したことが無いダートも走ってみたいとのオファーを頂き、つい先月に行ったばかりだけど、またまた、玄倉川上流のユーシン渓谷を往復する林道へと行ってきました!
玄倉林道
いゃー癒された~!やっぱり山っていいですねー。 エメラルドグリーンに輝く清流と暗いトンネルも・・・
玄倉林道-001
ご一緒させていただいたのは、親子もの年の差がある"ふなきさん"、今日はよろしくお願いします。
自転車乗りに、老若男女の壁はありませんね。(^^)
私は自走で、ふなきさんは輪行でと、谷峨駅で待ち合わせで、"はじめまして!"でいざスタート!
朝方は曇りがちで肌寒かったけれど、徐々に晴れ間も出始めていい天気になりそう・・・
今日は、梅雨入前の最後の週末ライドですかね?

玄倉林道-002
さてさて、
ユーシン渓谷も新緑から深緑へと、木々の緑も濃くなってきました。
不順な天候のせいか、今日はハイカーも少なかったですね。

玄倉林道-003
旧道の上部の基盤が弱いため、2011年に新たに掘られた新青崩隧道。
トンネル内は照明もなく、距離も長くカーブしていたりと、通過する際はライトが必携!

玄倉林道-004
新青崩隧道からロックシェッドのあたり。

玄倉林道-006
トンネルを通過して振り返るとこんな絶壁。
このロックシェッドがなければ、あっという間に道が落石で埋まっちゃうんでしょうねー。

玄倉林道-005
だんだんと山深くなってきた・・・

玄倉林道-007
そして、玄倉ダムのエメラルドグリーンの水面へと

玄倉林道-008
朝方は陽の射す角度が低かったので、濃い緑色って感じだったけれど、
復路ではいい陽射しで、まさにこんな感じでユーシンブルー!

玄倉林道-009
熊木沢出合から先へと、どこまで走れるのだろう?と行ってみました。
が、案の定、200m位先でもう落石が多くて、とても走れるような感じてはなかったです。

玄倉林道-010
その後、熊木沢出合の川原にてしばし回遊・・・
大きな砂防堰堤の右上に遠望する山は、丹沢山地中央部にある標高1,673 mの蛭ヶ岳です。
丹沢山地の最高峰であり神奈川県の最高峰でもあります。
思えば、山深く入ってきたもんだね。

玄倉林道-011
熊木沢出合から川原を下流へと下って、森の中にひっそりと佇む神秘的な蒼さの熊木ダムへ・・・
思わずジャージを脱いで飛び込みたくなるくらいキレイでした!!

玄倉林道-011
その後、ユーシンロッジを経由してダートのダウンヒルへと。
このところの雨で、所々ではぬかるんでいて要注意。
ダウンヒラーのふなきさんは、あっという間に姿が消え、私は写真を撮りながらマッタリと下ることに。
途中では、こんなブナ林で新緑のシャワーを浴びたり・・・ (^^)v

玄倉林道-012
新緑と紅葉は丹沢の中でも一番の美しさを誇ると、独断と偏見的だけど個人的に思っているユーシン渓谷。
今回お誘いがなければ2ヶ月連荘で走りに来なかったけれど、やはりここはいい所!美しく癒されます!

《本日の自転車川柳》
帰宅後に 洗車という 峠あり (ダート好き野郎)