自転車百景

癒しを求めて、走る・観るを綴った備忘録

2015年07月

神奈川の海と山を愛する旅情派サイクリストの備忘録
行く道を急ぐこともなければ、競うこともない 疲れたら休むし、美しい景色、美味しいご飯はマスト
ロード&フリーレンジで走快!爽快! 自然・風景・街並み・文化・歴史・食を五感で楽しんだり、
湘南を中心に丹沢、箱根、三浦半島などを回遊したり、時には輪行やツーリングしたりと・・・
のんびり&マイペースで癒しの風景を巡っています

乙女ギアの誘惑

スポーツ系自転車に、ご縁がない一般の方には何のこと?と思われる "乙女ギア"
ロー側の歯数が多いスプロケのことで、小生のような「貧脚、非力、軟弱」が使う意味で使われている。
先の美瑛の丘のようなアップダウンが連続する道では、ロー側がクロスレシオになっているRECONのスプロケがとても使い勝手がよくて快適でした。(^^)v
そんなとてもいい塩梅のスプロケですが、どこへ行くかは決めていないけれど、ヒルクラ一本勝負仕様にしようと、少しでも軽くしたくて、これまで以上の30Tに換装しました。
DSC_0015
スーパー乙女ギア化の30Tで、暑い中をヘロヘロと上ってみるかな。 
もしかしたら、乗っているよりも押して歩いた方が速いかも? (^^)

暑中お見舞い申し上げます

今日も強い日差しと暑い空気が流れ込んでいる影響で、各地で気温がうなぎ上り!
午後に入って更に猛烈な暑さ、そして、湿気も多いため体に堪える。こんな中を走るのは危険極まりない。
そんなことから、体のメンテナンスをしたり、スリップサインが出ているタイヤ交換したりとマッタリと過ごす・・・
de698ffc
この先も、うだる様な暑さが続きそう・・・
熱中症対策を万全に、こまめな水分補給と適度な塩分摂取を心がけて走ろう!

さあ、暑い夏がやってきた!

今日午前11時、気象庁は「関東甲信地方は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
平年より2日早い梅雨明けですね。
今週23日(木)は、二十四節気の「大暑」。 強い日差しが照りつけて、一年で最も気温の上がる時期です。
この先、関東甲信地方は、高気圧に覆われて晴れる日が多くなり厳しい暑さが続きます。
走る際には、こまめな水分補給を心がけて、熱中症に十分に注意しなくては!
裏ヤビツ
そんな梅雨明けの今日は、連休でクルマも多そうだし、猛暑に加えて、南からの湿った空気が入り込んで雲が多く眺望も期待できそうもないので、木陰や渓流沿いの避暑道を選んで、裏ヤビツをはじめとする丹沢の林道を巡ってました!
この先も、今日のように大気の不安定な状態が続きそうです。
モクモク雲が見えたら雨のサイン。急なにわか雨や雷雨に注意が必要。
雲が多めでも気温は高め、体調管理をしっかりとして、夏ライドを楽しもうじゃありませんか! (^^)v

自然の色とは思えない鮮やかな青い池

翌日は、白樺街道をのんびり走って「青い池」へ。そして、噴煙立ち上る十勝岳の麓を走り、美瑛の丘へ戻ってカフェでマッタリしたりと、帰りのフライト時間まで少し観光気分でめぐることに・・・
青い池
まるでCGかのように鮮やかで美しい「青い池」。立ち枯れた木々と青い池がなんとも神秘的な雰囲気をかもし出している。こんなにも美しい場所が、この日本にあるのです。
この「青い池」、ある事がきっかけで、世界中から注目されるようになりました。
そんな、世界中を虜にした「青い池」の魅力を中心に備忘録します! 続きを読む

叫びたくなるほど美しい!美瑛の丘めぐり

美瑛の丘、それは感動の風景!
写真で見る風景もいいけど、実際に訪れてみるとそのスケールに感動間違いなし。
なだらかな波状の丘陵地帯と、雄大で色鮮やかな自然環境が特徴的な地、
そんな絶景の美瑛の丘をめぐってきました!
びえいの丘
丘の美景に佇む可愛らしい赤い屋根の家。Windowsの壁紙みたいだなー (^^;;
いい天気の中(かなり猛暑でしたが)、まるで絵本の世界にいるかのような究極の田園風景の中を走れて気分爽快! いゃーまた今週末にでも行きたいぐらい~ !(^^)! 続きを読む

夏の強い味方!アブ・ブヨ対策にハッカ油

春から夏に生息するブヨとアブ。特に6月~8月のアブが大敵!
幼虫がきれいな渓流や川に生息するため、これらの近くでよく発生する。
絶景系のヒルクライムなど環境がいい所を走ると、憎きヤツラの大群に遭遇するよね。
先日の大弛峠の道中でも、写真を撮っていたり、小休止していると、容赦なく襲ってくる・・・
折角の楽しいライド、刺されると一気にテンションが下がってしまいます。
刺された後のあの強烈な痒みと腫れ。痒みが周期的に生じ1~2週間も続くなど誰もが体験したくないです。

ブヨ・アブなどの吸血性の虫は、血を求めて人間を探しています。
人間の呼吸により発生する二酸化炭素の濃度と、体温により人間を探しているのです。
二酸化炭素の濃度が高いほど、体温が高いほど、これらの虫が集まりやすくなります。
夏では、汗はかいてるわ肌は出しているわで、まさにブヨさん・アブさん来て下さいと言わんばかりの状態!
ハッカ油
対策としては、肌は露出しない。特に脚に攻撃してくるので、カバーをすればいいけれど、クソ暑い夏はそうはいかない。かと言って、これがまた市販の虫除けなんか全然効かない。
そこで私は、ハッカ油スプレーを脚、腕、首回りに吹きかけて、ヤツラを近づけないようにしています。
ハッカ油は、薄荷草を乾燥した物を水蒸気蒸留した精油。精製して香料などに用いるなど用途は幅広い。
結構薄めに希釈して使う方が多いようですが、私はやや濃い目にして使っています。

肌でなくても、黒や青・赤のウエアに反応して咬みつき、特に黒い色は熱を吸収しやすいという特徴があるから、黒いレーパンなんかは体温が高くなっているので、容赦なくレーパンの上からも攻撃してくる。
そんなことから、レーパンにも吹きかけています。
色々と試したけれど、今ところハッカ油が一番成功してます。
近くにブ~ン♪と寄っては来るけれど、刺す・咬みつくことまではないです。
虫対策に悩まれている方、是非お試しあれ。
楽しい夏を過ごそうじゃありませんか!(^^)v

Bianchiのミニベロ

世界最古(1885年)の自転車ブランド、Bianchiのバイクが新たに我が家に仲間入り。
と言っても小生のではなくて、カミさんの通勤車の買い替えです...。 "これで少しはポイントゲットかな?(^^)v"
カラーは、Bianchiと言えば伝統的なチェレステカラー! 
チェレステは、マリゲリータ王妃の瞳の色、職人がミラノの空の色を見て決めた、戦車のペンキを流用、と語られているが本当の理由は社内でも謎とされているとか...。
カラーは青みが強くなる年もあれば緑色の強い年もあったりと、毎年微妙に違った色になっているようです。
ちなみに現在のチェレステは、カラーコードで言うと、Pantone 333と指定されている。
Bianchi
Bianchiを象徴とする鷲と「EDOARDO BIANCHI」のロゴを組み合わせたシンボルマークは、ヘッドマークとして、またパーツ各部にも誇らしげに付けられて、今日までビアンキファンの心をとらえていますよね。
このヘッドマークも、年代別に何種類もあるそうだ。
鷲のデザイン一つにしてもさまざまな形があり、さらにリプロダクトされた物もあったりと、どれがどれやら?
高いママチャリだけど、大切に乗ってもらえれば嬉しいです・・・ (^^;;

 《本日の自転車川柳》 
買えるかよ 言っててなぜか 横にある (薄給リーマン
プロフィール
   nickname: sum (サム)
   年式:196年型非力エンジン
   生息地:神奈川県・湘南

スライド
最新コメント
ブログ記事検索
Twitter
メッセージ

個別のメッセージはこちらへどうぞ 管理者のみの閲覧です。

名前
本文