自転車百景

癒しを求めて、走る・観るを綴った備忘録

2015年05月

神奈川の海と山を愛する旅情派サイクリストの備忘録
行く道を急ぐこともなければ、競うこともない 疲れたら休むし、美しい景色、美味しいご飯はマスト
ロード&フリーレンジで走快!爽快! 自然・風景・街並み・文化・歴史・食を五感で楽しんだり、
湘南を中心に丹沢、箱根、三浦半島などを回遊したり、時には輪行やツーリングしたりと・・・
のんびり&マイペースで癒しの風景を巡っています

名古木の棚田巡り

今日は予報に反して、晴れて強い日差しで気温上昇!
東京では最高気温が32度2分と、5月としては統計を開始した明治9年以降で最も高い気温だったとか。
昼前から行動開始するものの、蒸し暑さの中、走りに行きたいところが思い浮かばない・・・
裏ヤビツ・棚田
名古木の棚田で田植えが始まったのでは?と、様子見がてら、暑さしのぎで裏ヤビツから名古木へ。。。
名古木交差点の北東方向にある山あいに、街中の喧騒を忘れさせる美しい棚田があるのです。
枚数はそれほど多くないものの、山間の風景に溶け込むように広がる無作為の曲線で形取られた、四季折々の棚田を見ることが何気に好きなのです・・・
続きを読む

夏、到来!って感じですね・・・

薫風緑樹をわたる初夏となり、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
いつも当拙ブログへのご訪問、誠にありがとうございます。(^^)v
今日は午前中に所用を済ませて、昼前からポタポタと・・・
このところ、山方面だったので、海が恋しくなって三崎口往復を兼ねてグルメポタへと
所々での立ち寄りスポットを備忘録・・・
夏到来
江の島の先の空に積乱雲! 
今日は日差しがたっぷり降り注ぎ、気温は高めでしたが、空気が乾燥しているので、カラッとした暑さ。
こんな陽気で、この先の夏が越せればいいのですが、そうもいかないよね・・・ 続きを読む

絶景と新緑を堪能★野辺山高原・みずがきクリスタルライン

冬の長い八ケ岳周辺では、春の訪れが待ち遠しく感じられ、その後、GWから徐々に木々の新芽が出始め、山や森も冬枯れの茶色から淡い黄緑に変わっていきます。
そして、このあたりに住む方々が、一年中で最も良いと言わている時季を迎えるのです。
そんな八ヶ岳をはじめ瑞牆山の新緑を楽しむとともに、雄大な自然に囲まれた絶景ルートを走ってきました。

この日のベストビュースポットがここ、野辺山・清里エリアきっての正統派展望スポット、平沢峠です。
上下左右に視界が広がる大パノラマ!そして八ヶ岳ブルーが最高!
近すぎもせず、遠すぎもせず、丁度いい距離で八ヶ岳を見られるビュースポットなのだ!続きを読む

神奈川の秘境ポタ★透き通るユーシンブルー

今日は昼過ぎまでに帰って来なければいけないので、今が新緑の旬である、ユーシン渓谷をポタリング!
ユーシン渓谷は、丹沢湖畔の東端から玄倉川に沿いにユーシンロッジに至るまでの渓谷です。
この西丹沢の奥に、とんでもなくキレイな川がある。
途中にある玄倉ダムの先の渓流の色が、なんとも表現しにくい青い色で神秘的なのです。
ユーシン渓谷
さぁーて、ターコイズブルー?エメラルドグリーン?の水を静かに湛える神秘の渓谷へ行くよ~!続きを読む

表丹沢の森林浴ライド

今日は、二十四節気の立夏。全国的に晴れて、暦通り、半袖ジャージ&レーパンの陽気になるとの予報。
当初は、道志みちへ行こうかと思ったけれど、GW最終日で二輪車・車が多そうなので、リスク回避で敬遠。
GPV気象予報を見ても、南関東一帯は9時過ぎから薄っすらとした雲がかかってくる感じなので、
眺望もパッとしないだろうと思い、森林浴がてら表丹沢で林道三昧をしようかと......。
表丹沢
ここの秦野峠林道から見る美しい幾何学模様を描く杉林が、なんとなく好きなのです・・・続きを読む

季節先どりの暑さ★箱根大観山ヒルクライム

今日5月2日は、茶摘み♪の歌詞にも出てくる八十八夜です。八十八夜は立春から数えて88日目のこと。
茶摘みなどをするのに向いている頃で、春から夏に移る節目の日です。
でも今日は、夏に移る節目というよりも、既に夏の陽気だったね!
全国の観測地点の約6割で25度以上と各地で気温がグングン上がり、大阪や京都、岐阜などは今年初めての30度以上の真夏日!
大観山
今日一日、暑くなる予報、だけど体があまり暑さに慣れていない時期なので、涼しそうな箱根の大観山でも走りに行ってみようかと・・・
誰だ、涼しいって言った奴は! 箱根も暑かっぞぉー!続きを読む
プロフィール
   nickname: sum (サム)
   年式:196年型非力エンジン
   生息地:神奈川県・湘南

スライド
最新コメント
ブログ記事検索
Twitter
メッセージ

個別のメッセージはこちらへどうぞ 管理者のみの閲覧です。

名前
本文