自転車百景

癒しを求めて、走る・観るを綴った備忘録

2014年09月

神奈川の海と山を愛する旅情派サイクリストの備忘録
行く道を急ぐこともなければ、競うこともない 疲れたら休むし、美しい景色、美味しいご飯はマスト
ロード&フリーレンジで走快!爽快! 自然・風景・街並み・文化・歴史・食を五感で楽しんだり、
湘南を中心に丹沢、箱根、三浦半島などを回遊したり、時には輪行やツーリングしたりと・・・
のんびり&マイペースで癒しの風景を巡っています

表丹沢林道巡り★栗拾いポタ

昼前からどこかへ走リに行こうかと考えるものの、行きたい所が思い浮かばない。。。
昨日から北東寄りの風が強くて、海方面はちょっと走りにくそうだし・・・
そんなことで、表丹沢の林道巡りをしに行くことに。
表丹沢
そして、このところの強風で落ちているだろう栗でもゲットしに行こうかな?
食欲の秋が到来♪  美味しい秋の味覚は、自分で採りに行こう!続きを読む

久しぶりの箱根大観山

フミこと別府選手がアジア大会ロードレース出場に先立って、現在、帰国しているとのこと。
トレーニングで、昨日は、箱根大観山に行ったようで、そんな様子を見て久しぶりに上ってみようかと。。。
箱根
ちなみに、今日のフミは、スピードコンセプトで、R134をクルマより速く走っていたそうです・・・ w 続きを読む

サイクリストの聖地をゆっくり走ろう★とびしま海道

「とびしま海道」は、瀬戸内海の西部に位置する安芸灘諸島の7島と本州を7つの橋で結ぶルート。
別名「安芸灘オレンジライン」とか、「裏しまなみ」とか呼ばれることもあります。
橋から島に渡ると、ほとんどの道路が海岸沿いを通り、海を間近に感じながら走れるのが魅力ですね!
平たんな道が多く、初心者でも挑戦しやすいのが特徴です。
とびしま海道
豊島と大崎下島を結ぶ「豊浜大橋」
三径間連続トラス橋で、高欄には広島県の県鳥である「あび」のレリーフが飾られ、青い海と空にマッチした橋、とびしま海道の橋の中で個人的には一番好きな橋かな?続きを読む

サイクリストの聖地をゆっくり走ろう★しまなみ海道 <後偏>

しまなみ海道随一の名所は、なんといっても亀老山展望公園、世界初の3連吊橋「来島海峡大橋」が一望できる絶景ポイントです!
標高307.8mからの眺めは、来島海峡をはじめ、瀬戸内海の360度の大パノラマが楽しめます。
来島海峡大橋をしっかり眺めるには日中がベターですが、個人的には夕日が沈む様子がおススメですね。
しまなみ海道
亀老山展望台への道のりは、展望台入口の看板から約3km、勾配10%以上の所もあリ、そこそこの激坂できつい! でも、その疲れも吹っ飛ぶぐらいの絶景が歓迎してくれるのです。。。。
続きを読む

サイクリストの聖地をゆっくり走ろう★しまなみ海道 <前偏>

日本は6千以上の島からなる島国、特に瀬戸内海には多くの島々がある。
そんな瀬戸内海にある「しまなみ海道」は、向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島の6島をつないで尾道と今治を結ぶ、全長約70kmの世界に類を見ない多島美と橋梁が織りなす芸術的な風景を楽しめるルートです!
そして、牧歌的な風景が移り変わる「とびしま海道」も、とても美しくていい所! 
しまなみ海道
土日と2日間の行程で、3年ぶりの「しまなみ海道」「とびしま海道」を走ってきました!
橋の絶景が人を呼び、自転車が人と人をつなぐ、やはりいいルートだったなぁ~続きを読む

サイクリストの聖地★瀬戸の島旅を計画中

食べる・観る・走るなど五感をフルに使って瀬戸の島旅を楽しみたい!
世界に類を見ない多島美と、橋が織りなす芸術的な風景が楽しめる「しまなみ海道」をはじめ、「とびしま海道」、「さざなみ海道」のツーリングを計画中・・・
しまなみ海道
3年前に走った時は、しまなみ海道~とびしま海道~かきしま海道と少し欲張ったルートだったので、
今回は行きあたりばったりの、気ままな島旅をするつもりです。
いい景色で止め、疲れたら休み、美味しいものを食べ、気になる店があれば寄り道・・・
マイペースでのんびりぶらりの島旅をするかな・・・ 
橋の絶景が呼んでるぞぉー (^^)v

松輪サバを目指して★三浦イチ

今日は代休、夕方から所用があるまでは時間があるけど、どこかへ走りに行きたいね・・・
でも、天気がパッとしないし、これって行きたいところもないしなぁー
考えた末、美味しいものを食べに行こうと、三浦イチついでに今が旬!の 「松輪サバ」 を堪能してきました!
松輪
(まったくサバと関係ないトップ写真ですね・・・w)
「西の関さば、東の松輪サバ」とも言われるブランドサバ、脂ののったサバが今が最高!
「黄金サバ」とも言われる黄色い筋が脂ののったサバ、やはり美味しかった~ (^^)v 続きを読む

綺麗な写真を撮りたい!

先日、鎌倉でポタポタしている時に、いつも使っているコンデジのCCDが壊れ、加えてレンズは出っ放しで戻らなくなりクラッシュ! メーカー修理に出して、ようやく戻ってきてやれやれ・・・
マウントを交換したみたいで、保障期間内だったので修理代無しでなによりでした。

背ポケットに入れていれば、振動や汗等の湿気もあるしと、電子機器にとって環境はよくないですからね。
そんなことから、自転車でのカメラは消耗品と割り切って、デジイチとかミラーレスのような高価なモノではなくて、軽くて小さい、かつ低廉なコンデジにしています。
時々、「どんなカメラを使っていますか?」 とご質問をいただきますが、特にカメラ・写真を趣味にしていないし、スキルが無いので、いたって普通のコンデジです。
自転車使いのカメラは、小さい事が正義と思っていますので・・・
現在は、パナソニック・キャノン・ソニー・リコーと、意図的にじゃないけれど各社バラバラを4台持ちです。(^^;;
コンデジ
いい写真、綺麗な風景を撮りたい! だけど、どうも思うように撮れない・・・ (T-T)
様々なシーンを少しでも綺麗に残したい。。。。
そんな中、特にこだわりを持って撮っていないけれど、つぎの点には気を付けています~
「なんてことない、基本的なことだね」 と笑われてしまいそうですが・・・ (汗)
続きを読む

いいよ!今治タオル&ナノタオル

直接、肌に触れるタオルは、心地良く使える自分好みを選びたいものです。
そんなことから、前々から好んで使っているのは、「今治タオル」 です。
今治タオルのいいところは、なんと言っても吸水性!
タオル片を水に浮かべて、水中に沈み始めるまでに要する時間が5秒以内のものを、「水を吸うタオル」とする独自の品質基準をクリアしたもののみを今治タオルと認定しています。
今治タオル
今年の夏のような酷暑の中での走りは、サイクルキャップを被ってヘルメットをしていても、やはり汗は滝のように吹き出ます。
そんな時は、鎌倉小町の「伊織」のフェイスタオル(写真:藍色)を、また、山行や輪行ツーリングで走り終えて温泉でサッパリする時には、「フジヤマタオル」(写真:スカイブルー)を使っています。
今治タオルは、良く水を吸い、使用後にサラッとした感覚、本当に「使って気持ちの良い」タオルであり、綿が本来持っている柔らかさがあるのです!
あと、以前から気になっていた、ファイントラックの「ナノタオル」(写真:コンパクトポーチ)を買ってみました。
これは、体が洗えない時に使うことを想定して開発されたタオルで、非常に気持ち良く顔や体が拭けます。
これまた良くできたタオルですね。

タオルからはじまる気持ちよい走り・・・、 今治タオル&ナノタオル、オススメです! 
プロフィール
   nickname: sum (サム)
   年式:196年型非力エンジン
   生息地:神奈川県・湘南

スライド
最新コメント
ブログ記事検索
Twitter
メッセージ

個別のメッセージはこちらへどうぞ 管理者のみの閲覧です。

名前
本文