自転車百景

癒しを求めて、走る・観るを綴った備忘録

神奈川の海と山を愛する旅情派サイクリストの備忘録
行く道を急ぐこともなければ、競うこともない 疲れたら休むし、美しい景色、美味しいご飯はマスト
ロード&フリーレンジで走快!爽快! 自然・風景・街並み・文化・歴史・食を五感で楽しんだり、
湘南を中心に丹沢、箱根、三浦半島などを回遊したり、時には輪行やツーリングしたりと・・・
のんびり&マイペースで癒しの風景を巡っています

すべてのパーツは消耗品である

このところの週末は、公私に貧乏暇なしでなかなか走れないなぁー。
そんな忙中閑の中で、バイクのメンテをして気を紛らわします・・・。(>Д< ;)
そんな一つ、チェーンの伸長は変速性能が落ちたり、不安定な作動の原因となることから、転ばぬ先の杖でいつも早めにチェーンを交換だ!
チェーンの寿命は、10Sチェーンの場合は3,000km走行したあたりが寿命とか言われているけど、距離よりもチェーンの伸ひが0.75%を越えたら交換しています。
あまり距離も走らないし、トルクをかけて踏まないので、大体、年に1本程度の交換頻度かな?
チェーンチェッカー
定量的にかつ簡単に伸び具合が測定できるチェーンチェッカー!
下の写真の1%までは至らないけど、上の写真の0.75%のゲージがスッポリ!、こりゃー換え時だね。
今度は、DURA-ACEからKMCのX10SL Ti-GOLDの成金ゴールドにしてみました!(^^)v
村上龍の著書に、『すべての男は消耗品である』 という本があるけど、タイヤやチェーンをはじめ、ロードバイクはすべてのパーツが消耗品だよね。
財布が軽くなるもんです・・・w

箱根・仙石原のススキが見頃!

Hakone
箱根の秋の風物詩といえば仙石原のススキですよね。
この時期、ススキが広がる草原は、まさに金色の絨毯のようで、秋ならではの景色を楽しむことができます!続きを読む

ジャパンカップ サイクルロードレースに興奮!

アジア最高峰の自転車ロードレース、"2012ジャパンカップサイクルロードレース" へ行ってきました!
いゃー、とても楽しかったなぁ~
JAPACAP2012-024
JCは国内で唯一、ツール・ド・フランスなど本場ヨーロッパで活躍する世界トップクラスの選手が一堂に会するUCI公認の大会! 特に今年は名立たる選手が参加! こうなったら行くっきゃないでしょう!
中でも最大の見所は、毎年名勝負が繰り広げられる、標高差185mの古賀志林道の上り坂、応援するファンと選手の熱気が一体となり、本場ツールの山岳ステージさながらの雰囲気なのだ。
もちろん、20日(土)のクリテリウムレースも観戦しましたよー続きを読む

古賀志林道の闘いを観戦へ

1990年に宇都宮で世界選手権が開催され、メモリアルレースとして始まったジャパンカップは早いもので今年で21回目! そんなJCを土日にかけてクリテリウムとロードレースを観戦してきます!
国内で唯一、ツールなど本場ヨーロッパで活躍する世界トップクラスの選手が一堂に会するUCI公認のレース! 今から興奮するなぁー
JC
そんなUCI公認の古賀志林道を含む14.1km周回コースも走ってきますよ!
サガン、バッソ、ハース、マーティン、そしてフミと並走できるか期待わくわく~

乗鞍紅葉ライド最高!

乗鞍エコーラインの紅葉が見頃を迎えているとのことで走ってきました!
去年はナナカマドが赤くなる前に枯れてしまって、行くのを断念したけど、今年の色付きは、ここ十年で一度と言われているほどの鮮やかな赤や黄色が広がる美しい風景となっていて最高でした~
乗鞍紅葉劇場
黄色に輝くダケカンバ、真っ赤に染まるナナカマドが錦絵のように見えますねー
緑濃いハイマツとのコントラストで、赤や黄色がより映えています。
こんな中を縫うように走れば、気持ちいいに決まってますって!続きを読む

鎌倉Today

江ノ電355系
鎌倉界隈をポタポタしに、ついでに、R134号を「4分(強度)+2分(回復)」のインターバル往復したりして・・・
御霊神社に寄った時、久しぶりに出会った江ノ電の355系、
確か現役の中で一番古い型の車両だと思ったけど・・・。
丸みをおびた外観がなんともレトロで良いですね。
車内の天井には扇風機、床はなんと木でできています。
乗ると、床の木に染み込んだワックスの匂いがなんとも懐かしさを感じる車両なのです。。。。続きを読む
プロフィール
   nickname: sum (サム)
   年式:196年型非力エンジン
   生息地:神奈川県・湘南

スライド
最新コメント
ブログ記事検索
Twitter
メッセージ

個別のメッセージはこちらへどうぞ 管理者のみの閲覧です。

名前
本文