自転車百景

癒しを求めて、走る・観るを綴った備忘録

神奈川の海と山を愛する旅情派サイクリストの備忘録
ロード&フリーレンジで走快!爽快! 自然・風景・街並み・文化・歴史・食を五感で楽しんだり、
湘南を中心に丹沢、箱根、三浦半島などを回遊したり、時には輪行やツーリングしたりと・・・
のんびり&マイペースで癒しの風景を巡っています

カーブの先は空・海・富士山!でなくて雲の中だった★西伊豆スカイライン

今日は昼過ぎまでに帰ってこなくてはならないが、さてさてどこへ走りに行こうか?
1962年以来、54年ぶりの早い雪の便りで、この時期としては珍しい積雪となりました。
と言ってもまだまだ11月、すぐに溶けてしまって、綺麗な雪山や雪景色とまではいかない。
山方面は、路面がシャーベット状や濡れていたりと、走り難いと想像される。
そんなことで、路面も綺麗で、遠望が素晴らしい西伊豆スカイラインへと走りに行ってみました・・・
西伊豆スカイライン
言わずもがな、西伊豆スカイラインは、伊豆半島の西側の山稜、約10kmを南北に縦断する絶景ロード。
ピーク標高は900mで、稜線上を快走するアップダウンが堪能できる。
かつては有料道路だった事もあり、路面状態も良い。
しかし、最も素晴らしいポイントは、青空と富士山と駿河湾の3つを一気に眺めることができることなのだ! 続きを読む

感動の瞬間(とき)★富士山と幻の雲海

一般的な雲海の出現条件は、10月から2月ごろの夜明け前から早朝にかけて。
もちろん晴れていないといけませんが、湿度が高く、放射冷却してくれると雲海が現れる。
晩秋箱根
昨日は、雨の後、夜は晴れて、暖かい空気が残った朝となり雲海(濃霧)が出現する条件下・・・
深い霧に覆われた芦ノ湖と冠雪した富士山のシルエットは、思わず息を呑むほどの美しさでは?と、
幻想的な光景を見に、早朝出発の午前中しばりで箱根へとハンドルを向けてみました! 続きを読む

小春日和の奥秩父紅葉めぐり★中津峡・金山志賀坂線

彩の国の中でも最奥地にあたる紅葉スポットを巡ってみました!
秩父をスタートして、滝沢ダム~中津峡~ニッチツ鉱山~金山志賀坂線(八丁峠)といったルート。
このエリアの特徴は、深い渓谷が赤く染まる姿や、壮大な山々などが絶景なのだ!
奥秩父紅葉
初冬の澄んだ青空にモミジの赤色が映え、穏やかな時間の中で過ぎ行く季節を感じられて気分最高!続きを読む

秘境感がハンパない紅葉の林道東俣線

日本第2の高峰、北岳をはじめとして、仙丈ケ岳、間ノ岳、塩見岳、荒川岳、赤石岳、聖岳など3000m級の山々を13座有する南アルプス。 日本列島の中央に位置し、山梨県、静岡県、長野県の3県にまたがり、言わずもがな、我が国を代表する山岳地帯です。

その南アルプスの下にリニア中央新幹線のトンネルが横切る。
既に山梨工区、長野工区でトンネル工事が始まっており、静岡工区についても、環境問題をはじめとして様々な課題があるものの、そろそろ本格的に工事が始まリそうな感じ。
静岡工区は県最深部の山の中。この近くに建つ山小屋、二軒小屋までは林道東俣線と呼ばれる一本道が大井川に沿って延々と続いている。
今後、通行が規制されたり、工事車両が往来したり、大井川に残土が置かれたりと、景観が損なわれることが予想される。 そんなことで、もしかしたら紅葉は今年が見納めかな?と訪れてみることに・・・
林道東俣線
林道東俣線での最大のクライマックスは、この紅葉の赤石沢から先に望む冠雪した赤石岳です。
赤石岳を有する南アルプスは最近70年間の測量データによると、年間4mm以上の速さで隆起していて、この速さは日本では最速、世界でもトップレベルと言われています。続きを読む

富士山中腹の林道を巡る絶景ポタ

絶景の富士山を見に、林道富士線や軽水線をはじめ、富士山西側中腹の林道を巡ってみました。
これらの林道では、富士山を間近で見られる絶景ポイントがいくつかあるのです。
「♪あーたまを雲のぉ 上にぃ出しぃ~♪」 とは異なり、雲ひとつ無い絶景富士が、行く手の先に現れる。その度に雄叫びを何回?上げたことか! (^^)v
天候にも恵まれて、とても素晴らしい富士山が見られて大満足でした!
晩秋の富士山
続きを読む

気分は高揚 景色も紅葉★磐梯吾妻スカイライン

磐梯吾妻スカイラインの紅葉が見頃とかで、先週の志賀草道路に続いて輪行遠征してきました!
磐梯吾妻スカイラインは、平均標高1350m、最高地点1622mにある山岳観光道路。
天空の道路とも呼ばれていて、ビューポイントからの目下に広がる風景は絶景そのもの。
最高地点近くにある浄土平では、火山活動によりできた荒々しい風景が続く、まるでどこかの惑星に舞い降りたみたいな気分を味あわせてくれる。
磐梯吾妻スカイライン-008
今年は例年より紅葉の色付きが10日程遅くなり、ここ数日の冷え込みで一気に色に変化が出たとか。
つばくろ谷や天狗の庭周辺などでは、赤く染まったナナカマドやオオカメノキ、黄色に輝くミネカエデなどが山肌を彩っていて綺麗な紅葉に。 そんな鮮やかな紅葉の中を走るのは、気分が高揚して最高でした!(^^)v続きを読む

フロ・デ・リタイア★志賀草津道路紅葉ステージ

今年の紅葉は例年より遅くなっている所もありますが、高所ではもう終わってしまった所も。
毎年楽しみにしている乗鞍の紅葉は、秋の長雨と日照不足で色付きがパッとしないとかでDNSに。
最も、天気と休みのタイミンクが合わなかったこともありますが・・・

志賀草津道路の紅葉も色付く前に落葉してしまって、残念な状態との情報もありましたが、先週の連休に様子見に行く予定にしてました。してましたと言うのも、不覚にも風邪をひいてしまって、これまたDNS。
今年は夏から公私に多忙だったり、天気に遮られたりと、予定通りに走りにいけないことが続きます・・・
志賀草津道路
15日の予想天気図を見ると、日本全国が高気圧にすっぽりと覆われる!
こりゃーどこも「晴れ」となって、絶好の自転車日和ではないですか!
絶好調!とまではいかないけれど、体調も徐々に良くなってきたので、絶景と綺麗な紅葉を見ながら走って、最後は温泉と一杯!といきたいなぁーと・・・
そんなことから、先週行かれなかった志賀草津道路へと(紅葉はあまり期待せずに)行ってきました!続きを読む

この先の紅葉の彩りに期待!

紅葉が綺麗になる条件は様々ありますが、一般的には、
  • 好天が続き、葉が日光を十分に受けている
  • 最低気温8℃以下の日が続く
  • 昼夜の寒暖の差が激しい
  • 湿度が比較的低く、乾燥している
  • また、夏の気温が高く雨量が多いと、さらに美しい紅葉が期待できる。と言われています。
今年ほど長雨にたたられた秋も近年あまりなく、また、前線への南からの湿った空気が入り続けているせいで気温も下がりません。晴れた日の朝の放射冷却による冷え込みと、秋の高気圧の日射しを浴びて葉が色づくというのに、今年は色づきがバラバラであったり、色づく前に落葉したりと、紅葉が先行する、乗鞍岳や渋峠、磐梯吾妻スカイラインなどの山岳エリアの彩りも足並みがそろっていない感じです。

明日からは、ようやく秋雨前線が日本の南へ下がって、本州付近は大陸から張りだす高気圧に覆われる見込みです。気になる台風19号、20号は今のところ、日本付近に近づくことはなさそうです。
この先の紅葉スポットが綺麗に彩ることを期待したいですね!

紅葉は自然の造形美、毎年異なる色づきがあって当たり前です。
紅葉が綺麗かどうかはそれを観る人ひとりひとりが感じるべきものであって、勝手に良いとか悪いとかを決めるべきものでもありません・・・
それを、どう感じるかの自分のあり方の方が大事ですね。

ホイールバランス調整

10月スタートの日も、雨が降るのか降らないのか、よくわからない天気。
いずれにせよ、日差しが期待できそうにも無いので、家の片付けや野暮用を済ましたりと・・・
その後、他にすることもなく暇でしょうがないので、タイヤチューブでも交換してみようかと。
そして、バルブが変わったことにより、ホイールバランスも取り直しました。
4-IMG_3488 (1)
どんなにいいホイールでも、重心が出ていない状態だと性能が活かされません。
ホイールを回してみて、ホイール重心のブレがあると、自転車が大きく上下動することが分かると思います。
体力もフレームの振動吸収性も、この振動を押さえ込むために浪費されてしまいます。
このバランスの不均衡を取り除いて、ホイール本来のポテンシャルを引き出すのが、ホイールバランスなのです。続きを読む

今日の富士山

『神秘的で秀麗で、どこから眺めても感動を与えてくれる富士山。 四季折々、自然とのコラボで生まれる「旬の富士山」は、ペダルを踏みながら眺めると格別・・・』
と、かつて雑誌「自転車人」からオファーを頂いて投稿した書き出しのくだり
その際には、いくつかの富士山ビュースポットも掲載していただいたものです。懐かしいねー (^^)v
また、NHKチャリダーでは「ベスト富士山賞」として取り上げられたりと、何かと「富士山」とは縁があります。
富士山
今日は高気圧の縁をまわるように暖かい空気が流れ込んで、気温が上がる見込みだとか。
このところ一週間ほど涼しさが続いたので、今日の暑さは体に堪えそうなので、避暑で午前中縛りで富士山を拝みに行ってみました!続きを読む
プロフィール
   nickname: sum (サム)
   年式:196年型非力エンジン
   生息地:神奈川県・湘南

スライド
最新コメント
ブログ記事検索
Twitter
GPV気象予報
メッセージ

個別のメッセージはこちらへどうぞ 管理者のみの閲覧です。v(^^)v

名前
本文